コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルガン付き

デジタル大辞泉プラスの解説

オルガン付き

フランスの作曲家サン・サーンスの交響曲第3番(1886)。原題《avec orgue》。パイプオルガンとピアノを採り入れている。サン・サーンスの代表作の一つとして知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

オルガン付きの関連キーワード徳川 頼貞荘厳ミサ曲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android