オルタナティブ投資(読み)おるたなてぃぶとうし(英語表記)alternative investment

知恵蔵の解説

オルタナティブ投資

株式、債券など伝統的な投資対象への投資に対し、金融派生商品ベンチャーキャピタル、不動産などに対する投資の総称。代替投資とも呼ばれる。代表例はヘッジファンドへの投資。株式や債券が、基本的には市場全体の動きを示す指標などとの比較で運用成果を測るのに対し、オルタナティブ投資は、市場リスクとは連動しない絶対的なリターンあるいは値上がり益の追求を目的とする。このため、固有のリスクはあるものの、市場低迷時などに高いリターンを実現することを目的として、ポートフォリオの一部に組み込まれる。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

投資信託の用語集の解説

オルタナティブ投資


従来からある運用対象(株式や債券)に代替して投資する運用手法。伝統的な投資対象である株式や債券と相関しない運用対象(通貨や不動産等)に投資する運用手法。投資信託では、相関しないものを投資対象とし、様々な商品を組み合わせることによって、市況環境によらず投資元本より高い利益をあげることを目指してこの運用手法を用いる投資信託も設定されている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

FX用語集の解説

オルタナティブ投資

投資信託、譲渡性預金、株式や債券への直接の投資以外の投資のことをいいます。芸術作品や骨董収集、商品や商品を対象としたファンド、デリバティブ関連商品、為替取引、ヘッジファンド、石油やガス、貴金属、不動産などが含まれます。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android