オルニチン発酵(読み)オルニチンはっこう(英語表記)ornithine fermentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルニチン発酵
オルニチンはっこう
ornithine fermentation

塩基性α-アミノ酸の一つであり,普通蛋白質中にあまり含まれていないL-オルニチンを微生物を用いて生産する方法。糖質を原料とするオルニチンの発酵は,Micrococcus glutamicus (Corynebacterium glutamicum)のようなグルタミン酸生産性の細菌から導かれたアルギニン要求変異株,あるいはシトルリン要求変異株 (オルニチンからの代謝系が遮断されている) を少量のアルギニンあるいはシトルリンを加えて培養することによって行われる。原料としては,糖質のほかにノルマルパラフィンなどを使用することができる。オルニチンは尿素サイクルの一員であり,尿素サイクル賦活作用があることから,アルギニン,アスパラギン酸などと伴用され高アンモニア血症の治療に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android