コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビスヘーエ岩 オルビスヘーエがんorbite

1件 の用語解説(オルビスヘーエ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

オルビスヘーエ岩

微閃緑岩または角閃石玢(ひん)岩で,角閃石の斑晶と短冊状の斜長石の多い石基からなる.黒雲母も存在する[Chelius : 1892].ドイツ,オッデンヴァルト(Oden-wald)のツゥインゲンベルク(Zwingenberg)付近のオルビスヘーエ(Orbishohe)に因む.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

オルビスヘーエ岩の関連キーワード珪長斑岩クロロファイアひん岩ポルフィド・ロッソ・アンティコベールバッハ岩火成累層エステレル岩コルコヴァダイトトエル岩ヴィントル岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone