コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルビスヘーエ岩 オルビスヘーエがんorbite

岩石学辞典の解説

オルビスヘーエ岩

微閃緑岩または角閃石玢(ひん)岩で,角閃石の斑晶と短冊状の斜長石の多い石基からなる.黒雲母も存在する[Chelius : 1892].ドイツ,オッデンヴァルト(Oden-wald)のツゥインゲンベルク(Zwingenberg)付近のオルビスヘーエ(Orbishohe)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

オルビスヘーエ岩の関連キーワード珪長斑岩クロロファイアひん岩ポルフィド・ロッソ・アンティコベールバッハ岩火成累層エステレル岩コルコヴァダイトトエル岩ヴィントル岩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android