コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルホン渓谷 オルホンケイコク

デジタル大辞泉の解説

オルホン‐けいこく【オルホン渓谷】

Orhony khöndiiОрхоны хөндий》モンゴル中央部、オルホン川沿いの渓谷地帯。突厥(とっけつ)文字解読の手掛かりとなった8世紀建立のオルホン碑文、東ウイグル河汗(かがん)国の都城であるハルバルガス遺跡、同国最古の仏教寺院エルデニゾーなど、遊牧民の歴史や伝統に関わる史跡が多く、2004年に「オルホン渓谷の文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オルホン渓谷の関連キーワードホショーツァイダム遺跡ハルボヘンバルガス遺跡オルホン渓谷文化的景観エルデニゾー寺院バイバリク遺跡オルホン滝ハラホリン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android