オレイルアルコール

世界大百科事典 第2版の解説

オレイルアルコール【oleyl alcohol】

オレインアルコールolein alcoholともいう。二重結合を1個もつ代表的な不飽和高級アルコール。化学式CH3(CH2)7CH=CH(CH2)7CH2OH。マッコウ鯨油,ツチ鯨油などに含まれている。無色の液体で,融点2℃,沸点208~210℃(15mmHg),比重0.8485(20℃),屈折率1.4607。マッコウ鯨脳油の不ケン化物を約3倍のアセトンに溶解し,冷却して析出する固体をろ(濾)別したろ液を蒸発させて液体不ケン化物を分取する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android