オレーク(英語表記)Oleg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレーク
Oleg

[生]?
[没]912. キエフ
ロシア最初のキエフ公 (在位 879~912) 。ルーシ (→ルス ) の地にやってきたバリャーグ人の最初の首領リューリクの死後,正系ではなかったが一族中の最年長者として彼の後継者に指名される。アスコリドとジールを殺してキエフを占領,首都をノブゴロドから同地に移した。ドネプル川流域の周辺スラブ諸族を征服,以後先住スラブ人と融合し,スラブの言語,信仰,習慣を採用した。このときからキエフ国家は「キエフ・ルーシ」と呼ばれるようになった。 911年にはビザンチン帝国に遠征してコンスタンチノープルにいたり,ビザンチン皇帝と有利な通商条約を締結,「バリャーグからギリシアまで」と呼ばれる交易ルートを政治的に確立するとともに南方ステップの遊牧民に軍事的威圧を加えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android