コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレーク Oleg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレーク
Oleg

[生]?
[没]912. キエフ
ロシア最初のキエフ公 (在位 879~912) 。ルーシ (→ルス ) の地にやってきたバリャーグ人の最初の首領リューリクの死後,正系ではなかったが一族中の最年長者として彼の後継者に指名される。アスコリドとジールを殺してキエフを占領,首都をノブゴロドから同地に移した。ドネプル川流域の周辺スラブ諸族を征服,以後先住スラブ人と融合し,スラブの言語,信仰,習慣を採用した。このときからキエフ国家は「キエフ・ルーシ」と呼ばれるようになった。 911年にはビザンチン帝国に遠征してコンスタンチノープルにいたり,ビザンチン皇帝と有利な通商条約を締結,「バリャーグからギリシアまで」と呼ばれる交易ルートを政治的に確立するとともに南方ステップの遊牧民に軍事的威圧を加えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オレークの関連キーワードリューリク朝イーゴリ公

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android