コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロチョン族 オロチョンぞく Orochon

2件 の用語解説(オロチョン族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロチョン族
オロチョンぞく
Orochon

漢語では鄂倫春族と記す。中国の内モンゴル自治区シベリアバイカル湖付近からアムール川一帯に散在して住むツングース語系諸族の一民族。ロシアではエベンキ族の一派とみなされるが,中国では別々の民族とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オロチョンぞく【オロチョン族 Orochony】

ロシア連邦のバイカル湖東部から中国東北部の興安嶺地域で少数のトナカイを飼い,狩猟を生業としながら移動生活をしていたエベンキ族の一派。オロチョンの名はエベンキ語でトナカイを意味する〈オロン〉に由来するとされている。興安嶺地域では騎馬の習慣があり,モンゴル人からの影響によるものと考えられている。白樺樹皮の舟や調度品,円錐形天幕住居をはじめ,社会構造シャマニズムなどはエベンキ族に共通している。今日,中国領のオロチョン(鄂倫春)族は人口約7000(1990)で,人民公社への編入など,著しく近代化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オロチョン族の関連キーワードバイカル湖レナ川恰克図コミヨーロッパロシアロシア連邦БратскСлюдянкаЛиствянкаセレンガ[川]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone