オンム・テモワン(英語表記)homme-témoin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証人」の抽象主義の流れに対抗し,「社会的レアリスム」を標榜して集ったフランスの美術家グループ。 1948年,B.ロルシュー,I.モッテ,P.ルベイロールその他の画家がパリのバック画廊でグループ展を開催したとき,一般に知られるようになった。彼らは日常の普通の生活からの真実を重視し,誇張変形を交えながら,真正の,率直な絵画を描くことを目指した。 B.ビュッフェや A.ミノーらも加わり,規模を拡大した。第2次大戦後のヨーロッパの不安な空気を写実によって表現しようとした,イギリスの「キッチン・シンク」などと同時代的な動向であり,戦前と戦後の具象の流れの結節点と見ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android