コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンラインリアルタイム処理 おんらいんりあるたいむしょり

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オンラインリアルタイム処理

ネットワークを利用したリアルタイム処理のこと。代表的なものに、銀行のオンラインバンキングシステムや座席予約システムなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オンラインリアルタイムしょり【オンラインリアルタイム処理 on‐line real time processing】

コンピューターの処理方式の一つ。コンピューターシステムが動的に活動している環境(システム,機械など)の中で,その環境の働きを制御するような場合に用いられる。すなわちまず,リアルタイム処理とは処理要求やデータが発生したら直ちにコンピューターに入力し,その処理結果をそのときのシステムのおかれた環境の現実の時間の進行の中での働きに十分まにあうだけの速さで出力する処理方式をいう。このような処理の即時性を満たすには,一般に,遠隔のデータ発生点から通信回線を介して直接コンピューターへの入力を行う必要があるので,オンラインシステムの形態をとるのが通例となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オンラインリアルタイム処理の関連キーワードコンピューターネットワーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android