コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オースフォーミング オースフォーミングausforming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オースフォーミング
ausforming

鉄鋼の加工温度が高いと,加工中あるいは加工後ただちに再結晶が生じるが,加工温度が低くなると加工後も再結晶しない。前者の温度域を再結晶温度域,後者の温度域を未再結晶温度域という。オースフォーミングとは鉄鋼を高温のオーステナイト温度域からこの未再結晶温度域まで急冷して塑性加工し,その後マルテンサイト化温度域まで急冷する処理をいう。非常に材質が強靭となる。これは従来の再結晶温度域加工と違い,この温度での加工が回復や時効現象と同時的に組合わされるためとみられる。類似の技法として急冷を行わずパーライト変態あるいはベイナイト変態を行わせるアイソフォーミング,また高温鍛造後ただちに焼入れる鍛造焼入れなど,塑性加工と熱処理とを組合せた加工熱処理法というべき新しい手法が多く開発されている。オースフォーミングの適用鋼種は炭素を含む低合金鋼および熱間ダイス鋼などで,炭素を含まない鋼種では効果が少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android