コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーダル Odal[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

オーダル【Odal[ドイツ]】

ゲルマン人の世襲的土地所有,その土地,とくに耕地と屋敷地。古北欧語でóðal,アングロ・サクソン語ではêðel。古ゲルマン人は,それぞれの経営主体が独立して定住し,みずから防衛をも行い,本来はこのようにして用益・所有・防衛されるすべての屋敷・耕地がオーダルだった(ラテン語のアロディウムallodium)。やがて家族の分裂,相対的土地不足,売買などにより,オーダル所有は社会上層に限定され,借地農や買った土地をもつ農民と区別されるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報