オーデル[川](読み)オーデル

百科事典マイペディアの解説

オーデル[川]【オーデル】

ヨーロッパ中部の川。ポーランド語でオドラOdra川とも。チェコのズデーテン山地に発し,シュレジエン地方を蛇行(だこう)しながら北西に流れ,下流でナイセ川を合わせ,ドイツとポーランドの国境(オーデル・ナイセ線)をなし,並行する2本の水路に分かれてシュチェチンの海岸湖に流入,バルト海に通じる。全長913km。ベルリンの工業地帯と運河で結ばれ,さらにエルベ川やドナウ川との連絡が計画されている。
→関連項目ドイツポーランド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーデル[川]【Oder】

ヨーロッパ中央部を北流する川。ポーランド語名はオドラOdra川。全長903km。流域はポーランド西部とドイツ東部をおおう。チェコ北部のズデーテン山地に源を発し,カルパチ山脈の峠を越えてポーランド領内にはいる。いくつかの支流を合わせつつシロンスク(シュレジエン)平原を北西に流れ,ブロツワフ(旧ブレスラウ)を貫流モレーンの台地間を曲流しながら下る。ウィルヘルム・ピーク地方でナイセ川を,さらに右岸にワルタWarta川を合わせ,北流してオーデル湾に注ぐ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android