コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーデル[川] オーデル

百科事典マイペディアの解説

オーデル[川]【オーデル】

ヨーロッパ中部の川。ポーランド語でオドラOdra川とも。チェコのズデーテン山地に発し,シュレジエン地方を蛇行(だこう)しながら北西に流れ,下流でナイセ川を合わせ,ドイツとポーランドの国境(オーデル・ナイセ線)をなし,並行する2本の水路に分かれてシュチェチンの海岸湖に流入,バルト海に通じる。
→関連項目ドイツポーランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーデル[川]【Oder】

ヨーロッパ中央部を北流する川。ポーランド語名はオドラOdra川。全長903km。流域はポーランド西部とドイツ東部をおおう。チェコ北部のズデーテン山地に源を発し,カルパチ山脈の峠を越えてポーランド領内にはいる。いくつかの支流を合わせつつシロンスク(シュレジエン)平原を北西に流れ,ブロツワフ(旧ブレスラウ)を貫流モレーンの台地間を曲流しながら下る。ウィルヘルム・ピーク地方でナイセ川を,さらに右岸にワルタWarta川を合わせ,北流してオーデル湾に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーデル[川]の関連キーワードナイセ[川]オドラ[川]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android