オーデル[川](読み)オーデル

百科事典マイペディアの解説

オーデル[川]【オーデル】

ヨーロッパ中部の川。ポーランド語でオドラOdra川とも。チェコのズデーテン山地に発し,シュレジエン地方を蛇行(だこう)しながら北西に流れ,下流でナイセ川を合わせ,ドイツとポーランドの国境(オーデル・ナイセ線)をなし,並行する2本の水路に分かれてシュチェチンの海岸湖に流入,バルト海に通じる。全長913km。ベルリンの工業地帯と運河で結ばれ,さらにエルベ川やドナウ川との連絡が計画されている。
→関連項目ドイツポーランド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーデル[川]【Oder】

ヨーロッパ中央部を北流する川。ポーランド語名はオドラOdra川。全長903km。流域はポーランド西部とドイツ東部をおおう。チェコ北部のズデーテン山地に源を発し,カルパチ山脈の峠を越えてポーランド領内にはいる。いくつかの支流を合わせつつシロンスク(シュレジエン)平原を北西に流れ,ブロツワフ(旧ブレスラウ)を貫流モレーンの台地間を曲流しながら下る。ウィルヘルム・ピーク地方でナイセ川を,さらに右岸にワルタWarta川を合わせ,北流してオーデル湾に注ぐ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android