コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーデル[川] オーデル

2件 の用語解説(オーデル[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オーデル[川]【オーデル】

ヨーロッパ中部の川。ポーランド語でオドラOdra川とも。チェコズデーテン山地に発し,シュレジエン地方を蛇行(だこう)しながら北西に流れ,下流でナイセ川を合わせ,ドイツポーランドの国境(オーデル・ナイセ線)をなし,並行する2本の水路に分かれてシュチェチンの海岸湖に流入,バルト海に通じる。
→関連項目ドイツポーランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オーデル[川]【Oder】

ヨーロッパ中央部を北流する川。ポーランド語名はオドラOdra川。全長903km。流域はポーランド西部とドイツ東部をおおう。チェコ北部のズデーテン山地に源を発し,カルパチ山脈の峠を越えてポーランド領内にはいる。いくつかの支流を合わせつつシロンスク(シュレジエン)平原を北西に流れ,ブロツワフ(旧ブレスラウ)を貫流,モレーンの台地間を曲流しながら下る。ウィルヘルムピーク地方でナイセ川を,さらに右岸にワルタWarta川を合わせ,北流してオーデル湾に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オーデル[川]の関連キーワードエルベ川ポーランド語ヨーロッパ共同体ヨーロッパ中央銀行ヨーロッパ連合ケルトザールヨーロッパトルコヨーロッパロシア阪東宏

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone