コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートファゴソーム

栄養・生化学辞典の解説

オートファゴソーム

 細胞が自己の内容物を消化するために内容物を膜で取り囲んだ状態の小胞.時間の経過とともにリソソームと融合して自己消化胞となり,内容物の消化が進行する.肝臓にグルカゴンが作用した場合などに顕著に増加する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

オートファゴソームの関連キーワード二次リソソーム

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オートファゴソームの関連情報