オートファゴソーム

栄養・生化学辞典の解説

オートファゴソーム

 細胞が自己の内容物を消化するために内容物を膜で取り囲んだ状態の小胞.時間の経過とともにリソソームと融合して自己消化胞となり,内容物の消化が進行する.肝臓にグルカゴンが作用した場合などに顕著に増加する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android