コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートファゴソーム

2件 の用語解説(オートファゴソームの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

オートファゴソーム

 細胞が自己の内容物を消化するために内容物を膜で取り囲んだ状態の小胞.時間の経過とともにリソソームと融合して自己消化胞となり,内容物の消化が進行する.肝臓にグルカゴンが作用した場合などに顕著に増加する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オートファゴソーム(autophagosome)

細胞が、自己の細胞質成分を分解するオートファジー呼ばれる過程で形成される袋状の構造。細胞小器官たんぱく質などを囲い込んだ後、リソソームと融合することで内容物を消化する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オートファゴソームの関連キーワード催吐薬エアゾール細胞内消化自食作用吐糞症アンプリファイアーT細胞憩室炎自己貪食胞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オートファゴソームの関連情報