コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートブラケティング autobracketing

デジタル大辞泉の解説

オートブラケティング(autobracketing)

カメラの機能の一。一度の撮影で露出ホワイトバランスストロボの光量を少しずつ変えて、複数枚の画像を記録する。オートブラケットブラケティングブラケット連写。→フォーカスブラケティングホワイトバランスブラケティング
[補説]単にオートブラケティングという場合、露出をずらして撮影する自動段階露出を指すことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

オートブラケティング

 同じ被写体で露出を変えて何コマか撮るのを 段階露出 と言うが、それを1回のシャッターレリーズで自動的に行ってくれる機構がオートブラケッティングだ。たとえば、1/3EVステップでノーマル→アンダー→オーバーという具合に3コマ連続的に撮影できる。機種によってはステップ(補正幅)がいろいろ変えられたり、撮影できるコマ数も5コマ以上のものがある。  このオートブラケッティングを最初に採用したのはコンタックス167MTで、1987年発売。とくに、分割測光が主流になってからは、オートブラケッティングで撮影するのが当たり前の撮影方法になってきた。なお、ストロボ光を段階的に変える フラッシュブラケッティング やピント位置を微小な範囲でずらす フォーカスブラケッティング 、デジタルカメラではホワイトバランスを変える ホワイトバランスブラケッティング や ISO感度ブラケティング もある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

オートブラケティングの関連キーワードオートブラケット撮影自動段階露出機能AEB