コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートブラケティング オートブラケティング autobracketing

2件 の用語解説(オートブラケティングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オートブラケティング(autobracketing)

カメラの機能の一。一度の撮影で露出ホワイトバランスストロボの光量を少しずつ変えて、複数枚の画像を記録する。オートブラケット。ブラケティングブラケット連写。→フォーカスブラケティングホワイトバランスブラケティング
[補説]単にオートブラケティングという場合、露出をずらして撮影する自動段階露出を指すことが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

オートブラケティング

 同じ被写体で露出を変えて何コマか撮るのを 段階露出 と言うが、それを1回のシャッターレリーズで自動的に行ってくれる機構がオートブラケッティングだ。たとえば、1/3EVステップノーマルアンダーオーバーという具合に3コマ連続的に撮影できる。機種によってはステップ(補正幅)がいろいろ変えられたり、撮影できるコマ数も5コマ以上のものがある。  このオートブラケッティングを最初に採用したのはコンタックス167MTで、1987年発売。とくに、分割測光が主流になってからは、オートブラケッティングで撮影するのが当たり前の撮影方法になってきた。なお、ストロボ光を段階的に変える フラッシュブラケッティング やピント位置を微小な範囲でずらす フォーカスブラケッティング 、デジタルカメラではホワイトバランスを変える ホワイトバランスブラケッティング や ISO感度ブラケティング もある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

オートブラケティングの関連キーワード逆光プログラムシャッター河岸を変える細かしい被写体目先を変える目の色を変えるダブルエクスポージャー入射光式露出計反射光式露出計

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone