オーバーステア(読み)おーばーすてあ(英語表記)over steer

日本大百科全書(ニッポニカ)「オーバーステア」の解説

オーバーステア
おーばーすてあ
over steer

自動車の操縦性の一傾向で、ハンドルの操舵(そうだ)量以上に車体が向きを変えようとする性質。平坦(へいたん)な路面で、一定の操舵角を保って旋回しながら速度をあげていくと、しだいに内側へ回り込み、ハンドルを戻さなければならない状態がオーバーステアである。敏捷(びんしょう)な運動性を要求されるスポーツカーやレーシングカーでは、きついコーナーを高速で通過するために、アクセルを強く踏んだ際にオーバーステアになるようセットされたものが多い。なおオーバーでもアンダーでもないものをニュートラルステアという。

[高島鎮雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android