カイザイク(貝細工)(読み)カイザイク(英語表記)Ammobium alatum; winged everlasting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイザイク(貝細工)
カイザイク
Ammobium alatum; winged everlasting

キク科の多年草で,オーストラリア西部原産。高さ 60~80cmで茎には鰭のような翼がある。頭状花は径1~2.5cmで中心部には黄色の管状花が並び,周辺部に白くて光沢のある総包が取巻く。花全体が乾燥していて,そのままいわゆるドライフラワーとなる。なお,日本の園芸界では本種とは別属のムギワラギク (麦藁菊) カイザイクまたはアンモビュームの名で呼ぶことも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android