コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムギワラギク(麦藁菊) ムギワラギクHelichrysum bracteatum; strawflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムギワラギク(麦藁菊)
ムギワラギク
Helichrysum bracteatum; strawflower

キク科の多年草。オーストラリア原産で,観賞用として栽培される。茎は高さ 60~80cmで直立し,上部で分枝する。葉は長さ数 cmの披針形全縁で互生する。初夏から秋にかけて,枝の先端に頭状花を1つずつつける。この属の特徴として頭花を包む総包が顕著に発達し,乾燥した質感で黄,黄赤,淡紅,白色などに色づく。英名の strawも和名のムギワラもこの総包の質感を表わした名である。このためカイザイク (貝細工) などとともにドライフラワーとして装飾に用いられるので有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムギワラギク(麦藁菊)の関連キーワードカイザイク(貝細工)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android