ムギワラギク(麦藁菊)(読み)ムギワラギク(英語表記)Helichrysum bracteatum; strawflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムギワラギク(麦藁菊)
ムギワラギク
Helichrysum bracteatum; strawflower

キク科の多年草。オーストラリア原産で,観賞用として栽培される。茎は高さ 60~80cmで直立し,上部で分枝する。葉は長さ数 cmの披針形全縁で互生する。初夏から秋にかけて,枝の先端に頭状花を1つずつつける。この属の特徴として頭花を包む総包が顕著に発達し,乾燥した質感で黄,黄赤,淡紅,白色などに色づく。英名の strawも和名のムギワラもこの総包の質感を表わした名である。このためカイザイク (貝細工) などとともにドライフラワーとして装飾に用いられるので有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android