コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイザーヴィルヘルム記念教会 カイザーヴィルヘルムきねんきょうかい

1件 の用語解説(カイザーヴィルヘルム記念教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カイザーヴィルヘルムきねんきょうかい【カイザーヴィルヘルム記念教会】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の市内にある、ネオロマネスク様式プロテスタントの教会。1888年に死去したドイツ皇帝ヴィルヘルム1世を追悼して、1891年に起工し、1895年9月1日に完成した。この教会は1943年11月23日のベルリン大空襲で破壊されたが、教会の中央部を広島の原爆ドームと同じように最低限の修復を施したうえで保存している。ただし、原爆ドームのような人が入れない廃墟ではなく、時計台や記念ホールとして使われている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイザーヴィルヘルム記念教会の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ベルリン・ゲームベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone