コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイザー効果 カイザーこうか Kaiser effect

2件 の用語解説(カイザー効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイザー効果
カイザーこうか
Kaiser effect

固体材料にいったん外応力を加えてアコースティックエミッション (固体が変形,破壊するときに音を発する現象) を発生させておけば,再負荷しても前回の応力値をこえるまではアコースティック・エミッションが生じない不可逆現象をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

カイザー効果【Kaiser effect】

材料に荷重を加えたとき,その応力が以前に加えられた最大値を超えない場合には,音響パルスが観測されない現象.これは塑性変形領域の加工硬化が原因で,ほとんどの金属においてみられるが,岩石の破壊時にも観測される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイザー効果の関連キーワード永久ひずみ降伏点剪断ドウバウシンガー効果プレストレストコンクリート永久歪み珈琲ムースアコースティック・エミッション引張強さ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone