コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイプ Aelbert Cuyp

世界大百科事典 第2版の解説

カイプ【Aelbert Cuyp】

1620‐91
オランダの風景画家。ドルトレヒトに生まれ,肖像画家であった父に学ぶ。ファン・ホイエン風の様式から出発するが,徐々にさまざまな時刻における陽光の特質の描出に関心を集中し,とりわけクロード・ロランにも通ずるような“黄金の光”に満たされた夕刻の牧場や渓谷の風景に独自の画風を確立した。17世紀オランダ画家としては画題は広く,他に海景や肖像の作品も多いが,1658年の結婚によって財産と社会的地位を得てからのち,絵はあまり描かなかったらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カイプの関連キーワード幻想市街劇「田園に死す」三沢編Microsoftアカウントインスタントメッセンジャープリズム(通信 監視)コンピュータ史(年表)JALマイレージバンクハンドボールの用語インターネット電話XボックスOneフェイエノールトクロード・ロラン無料通話アプリスカイプアウト赤井電機[株]ボイスチャットソフトフォンスカイプインハンドボールバルト3国長尾 宜子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android