コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイラワーンのモスク カイラワーンのモスクMosque of Qayrawān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラワーンのモスク
Mosque of Qayrawān

別称シディオクバ・モスクチュニジアカイラワーンにあるモスク。北アフリカにあるすべてのモスクの先駆をなす重要な遺構。 670年頃創建,以後数回の増改築を経て9世紀後半にほぼ現在の姿となった。初期イスラム時代のモスクの原則どおり,中庭に面して三方を回廊,正面を礼拝室としている。礼拝室の奥行が深く,奥のキブラ壁に沿った廊とミフラーブにいたる中央廊とが,T字形に広く高く造られている。このような構成は北アフリカのモスクに広く用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone