カエリウス(英語表記)Caelius Aurelianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエリウス
Caelius Aurelianus

アフリカ,ヌミディアのシッカに生れ,4世紀末から5世紀初めにかけてローマで活躍した医師。ガレノス後の最も偉大なグレコ・ローマンの医師で,西ローマ帝国で最後の医学著述家。古代医学史上の名医エフェソスのソラノスの疾病論のラテン訳『急性病と慢性病』 De morbis acutis et chronicisを残している。ソラノスの原著は婦人科学以外はすべて失われたので,ヒポクラテスからソラノスにいたる古代ギリシアの病因,症状,診断,治療についての明確な方法,学派の文献として本書は貴重な資料であり,またそのラテン文は,訳著ながら,独自の風格と有益な意見を添え,原著の価値を増している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android