コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添え そえ

3件 の用語解説(添えの意味・用語解説を検索)

盆栽用語集の解説

添え

飾りの中で、主木に対して飾られるものの総称。軽妙な雑木や花もの・実もの、あるいは山野草類などが用いられ、主木を引き立てる役目を果たす。

出典|(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そえ〔そへ〕【添え/副え】

そえること。また、そのもの。
付き従うこと。補佐。
「―になって力を仮(か)してはくれまいか」〈露伴五重塔
おかず。副食物。
(副え)生け花の役枝(やくえだ)の一。真の枝にそえて、それを引き立たせる枝。
主たるものにそう部分。かたわら。わき。
「かたやまの―に埋(うづ)み給ひぬ」〈宇治拾遺・一五〉
添え髪」の略。
「髪はわづかなるを、いくつか―入れて」〈浮・一代女・六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

そえ【添え】

①料理で、飯のおかず
②一つの料理で、主たるものに取り合わせて添えるもの。季節感などの趣(おもむき)を添え、味を引き立てる。焼き魚に添えるはじかみなど。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

添えの関連キーワードそえに潰し添書差添える添地取替え取添える寄へそえ (bucked shin)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

添えの関連情報