添え(読み)そえ

盆栽用語集の解説

添え

飾りの中で、主木に対して飾られるものの総称。軽妙な雑木や花もの・実もの、あるいは山野草類などが用いられ、主木を引き立てる役目を果たす。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

そえ〔そへ〕【添え/副え】

そえること。また、そのもの。
付き従うこと。補佐。
「―になって力を仮(か)してはくれまいか」〈露伴五重塔
おかず。副食物。
(副え)生け花の役枝(やくえだ)の一。真の枝にそえて、それを引き立たせる枝。
主たるものにそう部分。かたわら。わき。
「かたやまの―に埋(うづ)み給ひぬ」〈宇治拾遺・一五〉
添え髪」の略。
「髪はわづかなるを、いくつか―入れて」〈浮・一代女・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

添えの関連情報