コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキノハグサ かきのはぐさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カキノハグサ
かきのはぐさ / 柿葉草
[学]Polygala reinii Fr. et Sav.

ヒメハギ科の多年草。根は太く、茎は直立し、高さ20~35センチメートルで多くは分枝しない。葉は薄質で、形がカキの葉に似る。5~6月、茎頂に径約2センチメートルの黄色花を10個ほどつける。側萼(がく)2枚は花弁状。花弁は3枚が合生し、先端は房状となる。やや乾燥した木陰に生え、中部地方南部から近畿地方に分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカキノハグサの言及

【ヒメハギ】より

…日本にはほかに2種が自生する。そのうちの1種カキノハグサP.reinii Fr.et Sav.は東海道~近畿地方の山地の林床に生える多年草で,カキの葉に似た葉をつけ,5~6月ごろに黄色の花をつける。【森田 竜義】。…

※「カキノハグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カキノハグサの関連キーワードヒメハギ科姫萩

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android