カキノハグサ(読み)かきのはぐさ

  • Polygala reinii Fr. et Sav.
  • かきのはぐさ / 柿葉草

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメハギ科の多年草。根は太く、茎は直立し、高さ20~35センチメートルで多くは分枝しない。葉は薄質で、形がカキの葉に似る。5~6月、茎頂に径約2センチメートルの黄色花を10個ほどつける。側萼(がく)2枚は花弁状。花弁は3枚が合生し、先端は房状となる。やや乾燥した木陰に生え、中部地方南部から近畿地方に分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカキノハグサの言及

【ヒメハギ】より

…日本にはほかに2種が自生する。そのうちの1種カキノハグサP.reinii Fr.et Sav.は東海道~近畿地方の山地の林床に生える多年草で,カキの葉に似た葉をつけ,5~6月ごろに黄色の花をつける。【森田 竜義】。…

※「カキノハグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android