コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキノヘタムシガ(柿蔕虫蛾) カキノヘタムシガKakivoria flavofasciata

1件 の用語解説(カキノヘタムシガ(柿蔕虫蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カキノヘタムシガ【カキノヘタムシガ(柿蔕虫蛾) Kakivoria flavofasciata】

鱗翅目マイコガ科に属し,幼虫がカキの害虫として知られている。年2回の発生で,第1回目の幼虫は6~7月,第2回目は7月末から10月初めに出る。おもにへたから侵入して果実に穴を開けて食入し,落果の原因となる。芽に加害することもある。老熟幼虫で越冬し,翌春蛹化(ようか)する。カキミガという別名もある。成虫は翅の開張1.7cmくらいの小型種で,体翅とも黒く光沢があるが,頭部は黄色,前翅に黄色帯がある。台湾,中国中部,スリランカ,日本の本州,四国,九州に分布し,よく灯火に飛来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone