コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキ肉エキス かきにくえきす

1件 の用語解説(カキ肉エキスの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

かきにくえきす【カキ肉エキス】

海のミルク」とも呼ばれ、栄養豊富なことで知られるカキ。その生ガキを煮出・浸出して、濃縮したのがカキ肉エキスで、ミネラルビタミン類のほか、18種類のアミノ酸を含んでいます。
○栄養成分としての働き
 カキ肉エキスの特徴はグリコーゲンタウリンが豊富なことと、高たんぱくなことです。タウリンはアミノ酸の一種で、カキのヌルヌルした部分に多く、人体ではあまり合成できません。血圧を正常に保ち、血栓(けっせん)を予防し、心臓機能を強化する作用があります。
 いわゆるグリコーゲンは糖などから合成され、体内に貯蔵されます。しかし、カキのグリコーゲンは唾液(だえき)に含まれるアミラーゼで消化され、ただちに吸収されるので、疲労回復、滋養強壮効果に即効性が期待できます。
 また、カキ肉エキスには、肝機能障害高脂血症の予防効果が期待されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

カキ肉エキスの関連キーワードリニアエバミルクサワーミルク詞海滋味ミルクセーキミルクティーミルクパンココナツミルク強化ミルク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カキ肉エキスの関連情報