カクベンケイガニ(読み)かくべんけいがに

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カクベンケイガニ
かくべんけいがに / 角弁慶蟹
[学]Sesarma (Parasesarma) pictum

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。近縁のいわゆるベンケイガニ類中でもっとも陸上生活に適応しており、海から遠く離れた上流域でもみることができる。相模(さがみ)湾から九州までの各地のほか、台湾、中国北部、スラウェシ(セレベス)島から知られている。甲幅2センチメートルに達し、甲の輪郭はほぼ正四角形。眼窩(がんか)外歯の後方には歯がなく、はさみ脚(あし)の掌部(しょうぶ)上面に黒色の剛毛が並んだ稜(りょう)が2列ある。また、可動指の上縁に18か19個の顆粒(かりゅう)が並んでいる。これらの特徴の組合せを、分類学上、亜属と考えるか属とするかには異論がある。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカクベンケイガニの言及

【ベンケイガニ】より

…ペットとして人気がある。近縁のカクベンケイガニParasesarma pictumは色がじみで,甲の側縁には切れ込みがなく,はさみ脚の掌部上縁に櫛歯(くしば)状の剛毛が2列,可動指の上縁に顆粒(かりゆう)が18~19個ある。また,フタバカクガニChiromantes bidensははさみ脚の掌部に2~3列の櫛歯状の剛毛列と可動指上縁に13個の顆粒をもつほか,甲の側縁に切れ込みが一つある。…

※「カクベンケイガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android