コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カク国墓地-車馬坑 カクこくぼちしゃばこう

世界の観光地名がわかる事典の解説

カクこくぼちしゃばこう【カク国墓地-車馬坑】

中国の河南(かなん)省、三門峡(サンメンシア)市北郊外の上村嶺にある、紀元前11世紀の大規模な墳墓群の遺跡。三門峡駅から約3kmの距離にある。「カク国」とは「西周」のことで、鎬京(現在の西安)に遷都(せんと)を行って以降の中国古代王朝の周の国(紀元前1100年ごろ~紀元前771年)である。この遺跡から中国最古の鉄剣「玉菱銅芯剣」や、西安の秦の始皇帝の兵馬俑坑よりも600年も古い中国最古の戦車が発見され、大きな話題になった。車馬坑は、馬とその戦車が副葬されていた遺跡である。この遺跡にはカク国文物陳列館があり、墳墓から出土した玉器、青銅器、宝石などの副葬品とともに展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

カク国墓地-車馬坑の関連キーワード三門峡鎬京

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android