コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシオペヤ座A カシオペヤざエーCassiopeia A

世界大百科事典 第2版の解説

カシオペヤざエー【カシオペヤ座A Cassiopeia A】

カシオペヤ座で発見された第1番目の電波源。電波天文学の分野でよく観測の行われるメートル波からセンチメートル波の領域では,全天でもっとも強い電波源であるので電波強度の標準源,アンテナ利得較正の標準などに使われる。歴史には記録が残っていないが,今から300年程度前に爆発した超新星の残骸で,電波源は視直径約4分角の環状に広がっていて,電波源が殻構造をもつことを示している。光による観測でも,電波源の分布に沿って星雲状物質が分布しているのがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android