コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシオペヤ座A カシオペヤざエー Cassiopeia A

1件 の用語解説(カシオペヤ座Aの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カシオペヤざエー【カシオペヤ座A Cassiopeia A】

カシオペヤ座で発見された第1番目の電波源。電波天文学の分野でよく観測の行われるメートル波からセンチメートル波の領域では,全天でもっとも強い電波源であるので電波強度の標準源,アンテナ利得較正の標準などに使われる。歴史には記録が残っていないが,今から300年程度前に爆発した超新星の残骸で,電波源は視直径約4分角の環状に広がっていて,電波源が殻構造をもつことを示している。光による観測でも,電波源の分布に沿って星雲状物質が分布しているのがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カシオペヤ座Aの関連キーワード錨星銀河電波ケフェウス座電波源電波天文学カシオペイアカシオペヤ座紫微カシオペイア座電波星

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone