コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケード単位 カスケードたんいcascade unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスケード単位
カスケードたんい
cascade unit

エネルギーの電子,陽電子光子がある物質中で制動放射によりエネルギーを失い,最初もっていたエネルギーが平均 1/e まで減少する物質層の厚さ ( e自然対数の底で 2.718…) 。放射長ともいう。宇宙線カスケードシャワーの記述に使われる。1カスケード単位は鉛で 0.51cm,0℃,1気圧の空気で 340m,水で 37cmである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カスケード単位の関連キーワードカスケード・シャワー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android