カスタム・コミュニケーション(英語表記)custom communication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスタム・コミュニケーション
custom communication

一方的に情報の提供が行われるマス・コミュニケーションに対する語で,同様に不特定多数者を相手とするが,情報は顧客からの注文によって提供され,かつ情報の送り手と受け手の間に一種の対話が存在しうるような概念をいい,将来の情報提供産業の一つの課題となっている。コンピュータとデータ通信技術の発達によるパソコン通信などの手段に加え,有線テレビ CATV網の発達は,このようなカスタム・コミュニケーションの実現を可能にするものといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android