カセグレン望遠鏡(読み)カセグレンボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

カセグレン‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【カセグレン望遠鏡】

Cassegrain telescope》回転放物面の主鏡と、回転双曲面の副鏡とを組み合わせて、主鏡の中心に開けた孔から光を出して主鏡の直後に像を結ぶようにした望遠鏡。フランスの天文学者の名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android