ケプラー宇宙望遠鏡(読み)ケプラーウチュウボウエンキョウ

デジタル大辞泉 「ケプラー宇宙望遠鏡」の意味・読み・例文・類語

ケプラー‐うちゅうぼうえんきょう〔‐ウチウバウヱンキヤウ〕【ケプラー宇宙望遠鏡】

Kepler space telescope》《Kepler space telescope》2009年にNASA(米航空宇宙局)が打ち上げた、系外惑星探査に特化した宇宙望遠鏡恒星のわずかな明るさの変化を検出するトランジット法により、惑星存在、およびその大きさや周期を推定する。2018年の運用終了までに合計50万個以上の恒星を観測し、数千個もの惑星および候補天体を発見ケプラー22bをはじめ、その表面に水が液体の状態で存在可能なハビタブルゾーンにある惑星も多数発見した。ケプラー望遠鏡。→TESSテス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android