次世代超大型光学赤外線望遠鏡(読み)じせだいちょうおおがたこうがくせきがいせんぼうえんきょう(英語表記)Extremely Large Telescopes

知恵蔵の解説

次世代超大型光学赤外線望遠鏡

現在、光学赤外線の分野の地上望遠鏡口径は8〜10m級が主力である。しかし、これらの大型望遠鏡で行える天文研究にも限界が見えてきたため、米欧では早くも次世代ELTの検討が進んでいる。主なものはカリフォルニア工科大学TMT(Thirty Meter Telescope)やヨーロッパ南天天文台のOWL(Overwhelmingly Large Telescope、口径30〜60m)などがある。TMTには2003年に数十億円規模の予算がついた。日本は外国のELT計画の建設に共同参加する方向で検討している。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android