コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次世代超大型光学赤外線望遠鏡 じせだいちょうおおがたこうがくせきがいせんぼうえんきょう Extremely Large Telescopes

1件 の用語解説(次世代超大型光学赤外線望遠鏡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

次世代超大型光学赤外線望遠鏡

現在、光学赤外線の分野の地上望遠鏡の口径は8〜10m級が主力である。しかし、これらの大型望遠鏡で行える天文研究にも限界が見えてきたため、米欧では早くも次世代ELTの検討が進んでいる。主なものはカリフォルニア工科大学のTMT(Thirty Meter Telescope)やヨーロッパ南天天文台のOWL(Overwhelmingly Large Telescope、口径30〜60m)などがある。TMTには2003年に数十億円規模の予算がついた。日本は外国のELT計画の建設に共同参加する方向で検討している。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

次世代超大型光学赤外線望遠鏡の関連キーワードSST屈折望遠鏡ELTケック望遠鏡VLTジェミニ望遠鏡赤外線望遠鏡スピッツァー宇宙望遠鏡ハーシェル宇宙天文台地上望遠鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone