コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチオン染料 カチオンせんりょう cationic dye

3件 の用語解説(カチオン染料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カチオンせんりょう【カチオン染料 cationic dye】

1955年ころからアクリル繊維が実用化されるに伴い,これを塩基性染料で染色する試みが行われ,耐光性などを改良したアクリル繊維用の塩基性染料が出現した。これらの染料を総称してカチオン染料と呼ぶ。第四アンモニウム化合物型のカチオン(陽イオン)として繊維中の酸性基と結合して染着する。色の鮮明なことを特色とする塩基性染料が基となっているため,色はきわめて鮮明である。耐光堅牢度は5~7級と大きなものが多く(一般塩基性染料は1~2級と小さい),洗濯堅牢度も最高の5級に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチオン染料
カチオンせんりょう

塩基性染料」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カチオン染料
かちおんせんりょう
cationic dyes

アクリル繊維用塩基性染料を、古典的な塩基性染料と区別するための呼び名。今日では、繊維用塩基性染料はアクリル繊維用のカチオン染料が主体である。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカチオン染料の言及

【塩基性染料】より

… アクリル繊維の出現とともに,塩基性染料の鮮明な色相と良好な染着性が再評価され,耐光堅牢度を改良したアクリル繊維を対象とした新塩基性染料の開発が行われた。これらを在来の塩基性染料と区別してカチオン染料cationic dyeと呼ぶ。カチオン染料は,ポリメチン系,アゾ系,アザメチン系,アントラキノン系が多い。…

【染料】より

…しかしながら近年の染料部属の需要は大きく変化し,ほとんど使われなくなったもの,非常に使用量が増加したものなどさまざまである。近年とくに大発展をとげたものとして,分散染料,反応染料,カチオン染料(アクリル繊維用の塩基性染料),蛍光増白剤がある。また新しい需要として感圧・感熱色素も重要性を増しつつある。…

※「カチオン染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カチオン染料の関連キーワードアクリル繊維ポリアクリロニトリルモダクリル繊維アクリルアクリルアミドアクリル画アクリルゴムアクリル束子ボンネルハイバルク・アクリル繊維

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone