カチャーシー

百科事典マイペディアの解説

カチャーシー

沖縄諸島の速いテンポの即興的な踊りあるいはその曲調。〈掻合(かちゃ)ぁしゅん〉(かきまぜる,ごっちゃにする)の派生語。踊る手振りや曲調,座の雰囲気などからつけられたとされる。ところによっては舞(もー)やー,アッチャメーグヮーとも。さまざまな機会に,手拍子や太鼓,三線三板などにあわせて,一斉に,あるいは対になって(二向舞(たんかーもーい)),もしくは1人で次々と踊り,場を賑わす。裏拍に〈はと〉(指笛・舌笛)が加わると,踊りは最高潮となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カチャーシーの関連情報