指笛(読み)ユビブエ

大辞林 第三版の解説

ゆびぶえ【指笛】

口に指を入れて、強く息を吐くことによって出す笛のような高い音。また、そのような音を出すこと。
指を折り曲げて口にくわえ、笛のようにメロディーを吹き鳴らすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指笛
ゆびぶえ

片手または両手の指数本を口に入れ、口腔(こうくう)内に気流を起こして発音する行為。世界各地でみられる。口笛が旋律を想起し再現するという内省的で個人的な行為でもあるのに対し、指笛はもっぱら自分を他人にかかわらせる行為であり、音信号として使われる。普通、ある相手の注意をこちらに向けさせるときや、熱狂した場面で人をはやし立てるときなどに用いられ、沖縄地方では、後者の用途がさまざまな行事でみられる。[藤田隆則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指笛の関連情報