コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシニ

百科事典マイペディアの解説

カッシニ

イタリアの天文学者,後フランスに帰化。1650年ボローニャ大学教授。1669年ルイ14世に招かれパリ天文台初代台長となる。木星・火星自転周期を測定,土星の環の空隙(くうげき)(カッシニの空隙)と4個の衛星を発見,月の自転に関するカッシニの三法則を確立,火星・太陽の距離を算出するなど多くの業績をあげた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

カッシニの関連キーワードレムニスケートディオーネヤペタスレーメルラカイユテチスレア

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android