コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッダパー カッダパーCuddapah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッダパー
Cuddapah

インド南東部,アンドラプラデーシュ州南部の町。カッダパー県の行政庁所在地。チェンナイ (マドラス) 北西約 210km,ペンネル川中流域の盆地に位置。北,東,南の3方を,ナラマライ,ベリコンダ,パルコンダの各丘陵に囲まれる。降水量が少なく,4~5月の平均気温は 34℃と南インドでもきわめて暑い。盆地の中心として,南東約 50kmの聖都ティルパティへの街道上の要地として古くから繁栄。ラッカセイトウゴマ (ヒマ) ,雑穀の集散や床タイル,アスベストシートの製造が行なわれる。人口 12万 1422 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android