コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッラーラ Carrara

デジタル大辞泉の解説

カッラーラ(Carrara)

イタリア中部、トスカーナ州の都市。アプアーネアルプスの南麓に位置し、古代ローマ時代より大理石の産地として知られる。11世紀から14世紀にかけて建造されたカッラーラ大聖堂、16世紀のドゥカーレ宮殿などの歴史的建造物があるほか、近郊の山には300以上の露天掘り採石場が点在する。カラーラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッラーラ
かっらーら
Carrara

イタリア中部、トスカナマッサ・カッラーラ県の都市。人口6万5560(2001国勢調査速報値)。アプアーナ・アルプス山脈の南麓(なんろく)に位置する。周辺は、古代ローマ時代から良質な大理石の産地として知られ、市の発展も大理石とともにあった。外港としてマリーナ・ディ・カッラーラがある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カッラーラの関連キーワードカラーラ大聖堂チェンニーニパドバ石材

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android