コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティアワール半島 カティアワールはんとうKāthiāwār Peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カティアワール半島
カティアワールはんとう
Kāthiāwār Peninsula

インド西部の半島。グジャラート州のほぼ3分の1を占める。アラビア海に突出し,北西はカッチ湾,東はカンベイ湾に面する。海岸地帯を除き多くの場所が玄武岩におおわれるが,中央部のマンダブ丘陵,ギルナール丘陵,ギール山地,西部のバルダ丘陵はジュラ紀砂岩から成る。最高点は 1117m。気候は暑く乾燥しており,1月でも山地を除いて平均気温は 27℃,夏季には最高 43℃を示すところもある。年降水量は西部で 400mm以下,山地で 600mm余にすぎない。自然植生はおおむね灌木林であるが,東部の海岸はマングローブにおおわれる。灌漑はシェトルンジ川,バーダル川など短小な河川と,井戸に依存。カンベイ湾に面するバブナガルが最大の都市。 1950年以来行われた半島の考古学調査によって,前 2000年以前の集落遺跡が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カティアワール半島の関連キーワードダマン・ディウ連邦直轄地ソームナート寺院ラージコットパーリターナジュナーガドマイトラカ朝ソームナートドワールカバウナガルベラーバルバラビーアムレリインドディウモルビ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android