コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カティーサーク Cutty Sark

大辞林 第三版の解説

カティーサーク【Cutty Sark】

1869年にイギリスで建造された三本マストの大型快速帆船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カティーサーク【Cutty Sark】

19世紀のイギリスの快速クリッパー。3本マストのシップ型帆船で,1869年クライド川沿いのダンバートンで建造された。登録された総トン数は963トン,全長85m,幅11m。帆の枚数は34枚でその総面積3047m2。当時の快速クリッパー,サーモピレーThermopylaeに対抗できるティークリッパーを目ざして建造されたもので,船尾には船主の心意気を示すかのように〈精神一到何事か成らざらん〉という意味の言葉が記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカティーサークの言及

【クリッパー】より

…52年ころに始まった中国茶をイギリスへ運ぶティー・クリッパー・レースでも,最初はヤンキー・クリッパーが優勢だったが,アメリカ南北戦争の勃発でイギリス帆船の独壇場になった。ティー・クリッパーは年を追って改良され,69年に出現したカティーサークで頂点に達した。しかし,同じころ開通したスエズ運河によって汽船での中国茶航路が開かれたため,ティー・クリッパーは急速に衰退した。…

【グリニジ】より

…1423年にグロスター公ハンフリーがこの地の荘園を購入し,のちグリニジ公園として整備された。公園内には,チューダー朝時代に王宮にも利用された国立海事博物館や1675年創設の天文台,1873年に海軍病院を改装した王立海軍大学などがあり,河岸には帆船カティーサーク号が保存されている。天文台は1958年にサセックス州ハーストモンシューに移転を完了したが,本初子午線(通称グリニジ子午線)の標柱や標準時時計は残っている。…

※「カティーサーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カティーサークの関連キーワード藩学一覧女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)実業之日本パーレットハウスホーファービニョンヒルハウスベイティルモアーヌ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カティーサークの関連情報