船名(読み)センメイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船名
せんめい

船舶につけられた名。総トン数20トン以上の日本船舶は、船舶法によって国籍証書を得る際にその船名も登録しなければならず、船首両舷(げん)の外部および船尾外部の見やすい場所に、10センチメートル以上の国字をもってそれを記入しなければならないことになっている。日本では商船の船名には最後に「丸」をつける習慣が保たれており、軍艦にはこれがない。このため外国では日本商船をマルシップとよぶ場合もある。外国ではこのような例はみられず、単に王や王妃の名、あるいは地名などの船名が多い。[茂在寅男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐めい【船名】

〘名〙 船舶につけた名称。
※大日本船路細見記(1873)〈加藤祐一〉船艦に付ての御布令「在来日本製商船は廻漕会所へ、船名ならびに積石数、舟主、舟頭名前、乗込水夫人数等可届出

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船名の関連情報