コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテナリー構造 カテナリーこうぞうcatenary structure; hanging structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテナリー構造
カテナリーこうぞう
catenary structure; hanging structure

紐などの両端を固定し,たるみをもたせたときの曲線をカテナリー (懸垂線) と呼ぶが,そのような形をもつ構造。土木構造物では吊橋が代表的なものである。一般にこの構造は大きな空間を少数の柱で支持することができるから,競技場,博覧会場,展示場などの建築物を造るときによく使われており,日本における代表的建築物としては東京,代々木の国立総合屋内競技場 (1964,丹下健三設計) がある。この構造の建築においては,地震や風の水平荷重による振動について十分に検討することが必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android