代々木(読み)よよぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代々木
よよぎ

東京都渋谷区北部の地区。江戸時代は村落であったが武家屋敷も置かれていた。地名の由来には諸説があるが,近江彦根藩井伊氏の屋敷 (現在の明治神宮境内) にモミの老大木があったことによるなどといわれる。明治になって皇室の御料地となり,1915年,明治神宮内苑が造営された。その南方には旧代々木練兵場があり,跡地は代々木公園として開放。 1964年,国立競技場,オリンピック選手村 (→国立オリンピック記念青少年総合センター ) が建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

代々木【よよぎ】

東京都渋谷区北部,山手線代々木駅周辺の地名。江戸時代は井伊家の屋敷以外は原野であった。北半部は住宅地であるが,南半部はかつての代々木練兵場の地で,第2次大戦後は米軍の住宅地ワシントン・ハイツ,さらに1964年東京オリンピックの選手村となった。現在,NHK放送センター,代々木公園,代々木スポーツセンターがある。また代々木練兵場の一部は明治神宮の社地になった。小田急電鉄,都営地下鉄大江戸線が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よよぎ【代々木】

東京都渋谷区北部,JR山手線代々木駅から原宿駅にかけての西側一帯の地名。現在,代々木の名をもつのは,オフィス街および高級住宅地である代々木1~5丁目と元代々木町,それにおもに明治神宮内苑および代々木公園からなる代々木神園町である。神宮内苑は,もとは彦根藩主井伊氏の屋敷地で,邸内に江戸随一の古木で,〈代々木〉と呼ばれたモミの老大木(第2次大戦で焼失)があったことが,地名の由来といわれる。このあたりは代々木野と呼ばれた鷹場であったが,1909年代々木練兵場が開設された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よよぎ【代々木】

◇ 東京都渋谷区北東部の地名。明治神宮・代々木公園などがある。
〔本部が代々木にあることから〕 日本共産党のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕代々木(よよぎ)


東京都渋谷区北東部の地区。
明治神宮がある緑地地域で、かつての代々木村の村域に相当する。旧陸軍練兵場跡を利用し、東京オリンピックの選手村がつくられた。選手村跡地の代々木公園や、国立代々木競技場などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代々木
よよぎ

東京都渋谷区北部、明治神宮を中心とする地区。代々木のつく町名に代々木1~5丁目、元代々木町、代々木神園(かみぞの)町がある。南に隣接して、国立代々木競技場、NHK放送センターのある神南(じんなん)がある。神宮内苑(ないえん)は江戸時代には彦根(ひこね)藩主井伊家の下屋敷地で、その邸内にモミの老木(代々木)があったことが地名の由来という。いまも境内にその碑がある。明治神宮は1920年(大正9)完成、都民の鎮守として親しまれている。旧代々木練兵場跡は、アメリカ軍の宿舎ワシントンハイツを経て東京オリンピックの選手村から都立代々木公園へとかわった。JR代々木駅・原宿駅があり、さらに小田急電鉄、東京メトロ千代田線、都営地下鉄大江戸線が通じている。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よよぎ【代々木】

[一] (井伊掃部頭下屋敷(現在は明治神宮)の池畔に古くからある「代々木」と呼ばれたモミの大木に由来するといわれる) 東京都渋谷区の地名。住宅地で、明治神宮がある。第二次世界大戦以前の陸軍練兵場は、戦後、アメリカ駐留軍の住宅地(ワシントン‐ハイツ)となり、東京オリンピックの競技場や選手村などを経て、現在、オリンピック記念青少年総合センター・国立代々木競技場・代々木公園・NHK放送センターなどがある。
[二] (JR代々木駅の近くに日本共産党本部が所在するところから) 日本共産党をいう俗称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代々木の関連情報