コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトリコス katholikos[ギリシア]

世界大百科事典 第2版の解説

カトリコス【katholikos[ギリシア]】

東方キリスト教において一部の教会で使われる首長の称号。総主教に相当する。現在ではネストリウス派教会およびアルメニア教会(いずれも東方正教会に属さない)で用いる。なお東方正教会に属するグルジア正教会の首長は〈カトリコス総主教〉の称号を用いる。古代においてカトリコスの称号は主教または一群の修道院全体の代表について用いられた。なおヤコブ派教会では総主教に次ぐ主教をマフリアノmafrianoと呼ぶ。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カトリコスの関連キーワードグレゴリオス[アルメニアの]カフカス・アルバニア王国ティモテオス[1世]メスロプ・マシトツアミダドビン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android