コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトレヤ カトレヤCattleya; cattleya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトレヤ
Cattleya; cattleya

ラン科の多年草の1属で,熱帯アメリカ原産。世界各地で観賞用に栽培されている。着生ランで,棒状の偽鱗茎ミズゴケ,ヘゴ材などに植えると,革質で数年間生存する葉が1枚出る。花は直径 15cm以上にもなる大輪を1本の花茎に2~3個頂生するか,10個以上の小花をつけるものもある。ヒノデラン C. labiataをはじめ多くの種類があり,また同属内の種間や,レリア Laeliaなど近縁の別属との間で交配によってつくられた園芸種も多い。それらの多くは外花被が淡色,花色は桃色から紫色系統で,花弁は萼片より広く,縁がちぢれる。唇弁花柱を巻き,紅紫色で内部に大小の黄斑がある。おしべは受精後落ちるため,葯 (やく) を除いて売られる。花が豪華で夏季で半月,冬季なら1ヵ月ももつので切り花やパーティ用の装飾花として需要が多い。名前は愛好家 W.カトレイからとった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カトレヤの関連キーワード松坂屋(株)小笠原 日凰ラン(蘭)横浜松坂屋加藤千佳カトレアラン科レリア球根洋蘭

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カトレヤの関連情報