コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナル型ヘッドホン かなるがたへっどほん

知恵蔵の解説

カナル型ヘッドホン

ポータブルオーディオで利用する小型ヘッドホン(イヤホン)の1種。
通常のヘッドホンやイヤホンは、耳の上にかぶせる「ヘッドバンド型」か、耳の穴の手前にある「耳介」に引っかける形で使う「インナーイヤー型」が多いが、カナル型は、耳の穴の中にねじ込むようにして装着する。耳の穴(正確には外耳道)を英語では「ear canal」と呼ぶため、そこから「カナル型」と呼ばれるようになった。
耳の穴にねじ込む、という仕組み上、他の方式に比べて遮音性が高い。無理矢理大きな音を出さずとも、細かな音までしっかりと聞ける点が評価されている。また、音を耳の外に放出しない構造の製品が多いため、音が外に漏れづらい、という特徴も持つ。2003年頃から海外で低価格・高音質をうたう製品が登場、日本でもiPod人気と呼応する形で利用者が増えている。現在は、高音質を狙った高級商品にも注目が集まっており、製品開発が活発に行われている。
ただし、耳栓に近い構造となるため、音楽を聴いている場合、外界の音が極端に聞こえづらくなり、自動車などの接近に気付きにくく、危険性も指摘されている。
また、外耳道の形状は人により大きく異なるため、ヘッドホンの形状によっては、装着時に違和感を感じる場合もある。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android