カニディウス・クラッスス(英語表記)Canidius Crassus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニディウス・クラッスス
Canidius Crassus

[生]?
[没]前31
古代ローマの軍人。 M.アントニウスの腹心の部下。ペルシヌムの戦いののち,執政官 (コンスル ) 代理としてカフカスまで遠征。アクチウムの海戦ではアントニウスの陸軍を統帥,敗北の前に逃亡してアレクサンドリアでアントニウスと合流し,アレクサンドリア陥落ののちオクタウィアヌス (アウグスツス) に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android